09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

カレンダー(月別)

カテゴリー

最近の記事

メールフォーム

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

えるにのすみか

涼織の自己啓発的音楽日記

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

音楽ってなんだ?

2009.05.09/Sat/07:05:35

今回はちょっと趣向を変えて何の前置きもなく真面目な話とか。
僕の音楽に対するスタンスなんか書いてみようかなと。

主に音と歌詞に対するスタンスですね。

・音について
基本的には「カッコいい」音を作りたいと思ってます。
でも掛け値なしにカッコいいものなんてなくて、かっこいい裏に何か背負ってるんだと思います。
その背負ってるものが悩みとか悲しみとか、負の感情だと思うんですね。
だから「カッコよさ」と「切なさ」が入り混じったエモっていうジャンルが好きなんじゃないかなと。

・歌詞について
音と同じくテーマは生きる辛さとか悲しみとか、至極リアルなところを書いていくことが多いです。
でも辛いだけじゃ救われないので、大抵どこかに救いを見出します。
なので涼織の書く歌詞は前半暗く、後半明るくみたいなのが多い気がします。
正直周りに音楽を発信し始めたのがつい最近なので、その辺りの細かい部分はいまいち伝わりづらいとは思いますが。

あともう一個。

・バンドについて
中学の頃に音楽を聴き始めて、高校でバンド始めました。
バンドってね、すごく難しいです。
出す音の一つ一つが滅茶苦茶アナログで、環境、腕、調子とか色々なものに影響を受けます。
でもそういう「生っぽさ」があるからこそ、生っぽい歌詞が生きるんじゃないかな。
ここ最近のエレクトロニカみたいな打ち込み音の上にバリバリ青春パンクみたいな歌詞を乗せても説得力ないですよね。
そういった意味で、自分が一番伝えたい歌詞を乗せるのにはバンドが一番適してると思ってます。
打ち込みは打ち込みで面白いんですけどね。
バンドは難しい、でもだからこそうまくできた時に感動する。
ハードルは高ければ高い程乗り越えた時に、ってやつかも知れません。
あとバンドは複数人でやる、ってところにも魅力を感じています。
正直な話、全部の作業を全部一人でやる方が全然楽です。精神的には。
他の人に連絡する必要もないし、作りたいものに関してあーだこーだ言われることもない。
でもその面倒さを補って余りあるぐらいのメリットがある。
3人寄れば文殊の知恵、じゃないけど、やっぱアイデア出し合えてお互いに触発されるってのはホントに素晴らしいことだなと。

話をまとめると、バンドってのは人間味があって初めてバンドになるんじゃないかなってこと。
名バンドは数多くありますけど、そのどれもがメンバーの個性とか人間性で成り立ってるんじゃないかと思ってます。
歌詞とか音ってのはやっぱ人間がアウトプットしてるものだしね。


うん。なんか色々もやもやしてたけど書いたらスッキリした。
なんか自分ていう人間を改めて見つめなおした感じ。
音楽を通して何が見えるのか、何を伝えられるのかをこれからゆっくり考えて行きたい。
カテゴリ: 音楽
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://projector.blog50.fc2.com/tb.php/43-046e0ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。